庭木の伐採は簡単ではない!伐採中に起こりうる危険なトラブル

庭木の伐採時に素人が巻き込まれるトラブル

チェーンソー

草むしりとは違って、庭木の伐採は怪我などのトラブルも発生する可能性があるため、注意しましょう。

初めてチェーンソーを使う場合は扱い方に要注意
庭木の伐採を業者に頼むとお金が掛かるので、ホームセンターでチェーンソーを購入し、自力で伐採を行なおうとする人は少なくありません。しかしチェーンソーは扱い方を間違えると、大怪我を負ってしまう可能性があります。最悪の場合、命にも関わることもあるため中途半端な知識で使用するのは控えましょう。
伐採作業中に庭木の下敷きになることもある
庭木の伐採は簡単そうに見えますが、それなりに技術が必要になります。自分では安全に庭木の伐採を進めているつもりでも、深く切り過ぎたり倒す方向を間違えたりすると大怪我をしてしまいます。庭木の大きさにもよりますが、人の上に木が倒れると擦り傷どころではすみません。少しでも伐採に不安があるなら、剪定や伐採を取り扱っているプロの業者に任せましょう。

まとめ

高木の伐採はプロでも慎重に行ないます。十分な知識と経験がない人ですと、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

業者なら安全に伐採作業が可能

伐採を実際に行なっている業者は、事前準備も万端な状態で作業を行ないます。木を一本切る際にもヘルメットとゴーグルを着用し、チェーンソーから身を守る特殊繊維の作業着と手袋を付けて作業に取り掛かります。庭木の伐採を行なうだけなのに大仰な格好だと思う人もいるでしょうが、作業中はどのようなトラブルが発生するかわからないので、自分や周囲の安全のため、常にこうした備えは必要となるのです。作業の前はきちんと測量し、倒木方向の調整を行ない、慎重に伐採作業を行ないます。

TOPボタン